男性

素人の蜂の駆除は危険な行為|専門業者に依頼するべき

被害にあったら早めに対処

あらいぐま

食べるものを水で洗って食べる、という可愛いイメージがあるアライグマは、特定外来生物として指定されている動物です。特定指定外来生物は生態系や農業などに大きな被害を与える動物のことで、農業などだけではなく住宅や神社などへもアライグマによる被害が確認されています。住宅の場合、天井裏に入り込まれて音がうるさい、糞や尿で天井が抜けてしまった、池の鯉などを食べつくされてしまった、庭に植えてあった木になった実を食べられてしまったというような被害が生じてしまいます。ほぼ全国でアライグマによる被害があるため、自治体によっては計画を立ててアライグマの駆除を行っていたり、自分で駆除したいという人に無料で捕獲用の罠を貸し出しているところもあります。

アライグマの駆除は自分で行うことが出来、専用の忌避剤が販売されていたり、ねずみなどの害獣用の燻煙剤でも家の中などの狭い範囲に生息しているものを追い出すことは出来ると言われています。しかしアライグマは成獣になると狂暴になるため、素人が駆除をしようと思っても危険があり怪我をする可能性が高いので専門家に依頼した方が安心できると言われています。自分で出来る対策法としては、エサとなるものを置かないようにすることです。生ごみなどもアライグマにとってはエサとなってしまいますので屋外に放置しないようにしたり、わずかな隙間からでもこじ開けて侵入してくることがあるので隙間をしっかりと塞いでしまうようにして侵入を防ぐのが効果的です。